ミノキシジルタブレットについて質問です 現在フィンペシア、NR-08,09…

ミノキシジルの輸入規制について?

ミノキシジルの輸入規制について?これって本当ですか?<ロゲイン、カークランド、アクタビス等のミノキシジルを含有する商品は前回の輸入から規定の日数(1本の場合は1ヶ月、2本の場合は2ヶ月)を経過していない場合は通関不能(廃棄処分)となり輸入出来ません(当サイト以外への注文も含む)。
>そこまでチェックをするのはコスト、人的要因を含めて大変だと思うのですが、本当に実施しているのでしょうか?実際に規定日数以内で注文した方がいましたら回答お願いします。
また、税関、検疫等詳しい人にもお尋ねします。

本当だとおもいますが、前に ここで 普通に届いたって書き込みを読んだ覚えがあります。
(笑)どうなんでしょう?

まあ俺は2本ずつかってるけど どうなんだろうね

カークランド>

ミノキシジルタブレットとミノキシジル注射はどちらのほうが効果はありますか?

ミノキシジルタブレットとミノキシジル注射はどちらのほうが効果はありますか?ミノキシジルタブレットは副作用もあり危険ですが、ミノキシジル注射は初期脱毛などはあるんでしょうか?おしえてください。

直接血液に注入する注射の方が効果があると思いますよ。
ただし副作用も強いでしょう。

ミノキシジルタブレットは製造会社によって差がありますか?

ミノキシジルタブレットは製造会社によって差がありますか?プロペシアとミノキシジルタブレットで育毛に努めています。
3日前に今まで飲んできたミノキシジルタブレット(5mg)を飲みきったので、新しい箱を開けました。
今まで飲んできたミノキシジルタブレットとは違う会社(と言っていいか分かりませんが)のものを飲み始めたのですが、今までは副作用といえば、腕や脚などの体毛が濃くなる程度だったのですが、新しいミノキシジルタブレットを飲み始めたら、動悸が激しくなったり、胸の痛みを感じたりしました。
同じミノキシジル5mgのものでも、ものによって、こんなにも副作用に差が出るものなのでしょうか?ちなみに、ミノキシジルタブレットは[CYNO PHARMACEUTICALS]から[TOファーマ社]のものに変えました。

フィナステリドやミノキシジルは製薬会社により製法が違うので個々で違います。
例えば今使用されているミノキシジルダブレット5mgは成分検査では下記の感じで同じ5mgでも配合量も違います。
CYNO PHARMACEUTICALSが5.3mgTOファーマ社が4.8mgあまり酷いようなら以前のものに戻した方がよいでしょう。

最近ミノキシジルタブレットを輸入代行している業者の多くでミノキシジルタブレットなどが売り切れている状態が増えているようです。理由などは様々な説明をしているようですが軒並みに再入荷の予定などを明言していない業者様もあるようです。

ミノキシジル自体の成分量は同じであっても他の成分が異なることが当然あります。またメーカーAのミノキシジルタブレットでは異常がなかったもののメーカーBのミノキシジルタブレットの場合には動悸を覚えたと書かれていますがミノキシジルタブレットの主成分となるロニテンは現在、他国では育毛目的での使用を控えるように指導がなされています。

今でもロニテンは別の目的で製造、処方をされているので輸入代行業者なども入手が可能ですが服用するに当たっては服用前の検査や毎月処方を受ける際にも義務化されている検査が海外ではあります。

それでも副作用などをコントロールすることが簡単ではなくリスクのほうが多いことから育毛目的の使用を海外では控えるようになりました。

それが現在でも日本の発毛病院などでは処方が続けられており、医師が処方しているか安全だと思われている方が多いようですが実際にこれらの病院で処方を受けている方も必要な検査や必須といわれる併用薬の処方を受けておりません。

ロニテンは日本では未承認の薬であり、処方するためのガイドラインなどを厚労省や学会などで定めておらいないため処方している医師も正確な処方基準を把握していません。それに加えて輸入代行業者で購入をされていれば説明義務もなく、服用は個人の自己責任です。

ミノキシジルの服用を継続したから回復した髪を維持できるという確証はありません。

ネットで調べればミノキシジルタブレットは育毛薬として当たり前のように購入できる環境ではありますが以下のような事情をご存じない方が多くこれは育毛クリニックで処方を受けておられる方でも十分な説明が果たされていない状況にあります。

ミノキシジルタブレットの副作用についてはご紹介をしましたがより薬の特性を理解いただくのであればロニテンと検索をいただくほうが良いと思います。

海外の検索サイトでlonitenと検索をいただき、それを翻訳機能などで調べていただくと簡単に服用しても良い薬ではないことやFDAがどれほどの注意を促しているかもご理解いただけると思います。

よく耳にする動悸、胸痛、痒み、顔のむくみなどの副作用が生じる可能性があります。

これはロニテンの服用によって生じる体内の塩分と水分がましてしまうことで利尿作用が低下することで水が体の様々な部分に蓄積してしまいます。これらが心臓機能の低下を誘発する恐れがあることからロニテンを服用する場合には利尿剤の併用と塩分のコントロールが必須であり、さらには毎朝の体重測定によって前日と比べ体重が2キロ以上増加している場合にはすぐに病院に行き、心電図やエコー検査などを行う必要があると言われております。

この体重増加は水分の排泄が行えず蓄積してしまう事でからで体内のどこかに水がたまっている可能性がありそれが胸などに蓄積すると心臓機能が低下する恐れがあるからです。

一般的に日本ではロニテンをミノキシジルタブレットと紹介し育毛薬として存在しているような説明がされておりますが管理が容易ではありません。

単独で使用される場合、ロニテンは塩分と水分の過大な摂取過多を引き起こし、 顔、目、手、首の浮腫み、静脈膨張、肝頸静脈逆流浮腫を発生させる場合があります。 胸部エックス線は肺の血管拡張の徴候を示す場合があり、心不全の兆候を持つ患者の場合は病状を悪化させるケースもございます。塩分摂取制限は求められ、本来は副作用が起こらないようにミノキシジルタブレットと必ずと言って良いほどの併用薬があります。

徹底した管理や検査を元に処方されるべき薬であり、心電図やエコーなどの検査をなくして処方する薬ではありません。

そのような手間やリスクを考えるとミノキシジルを服用するのはけして簡単な事ではなく、そのような事例から海外では育毛目的での使用を控えるようになりました。

日本のように5分ほどの診察と簡単な血液検査を受け、毎日1錠服用すれば済むというものでは到底なく、ご本人の毎日の自己管理に加え、毎月の診察の際には徹底した検査を行わずして処方はできない薬です。

また日本では迷信的に体毛が濃い人が薄毛になる。男性ホルモンが多いことで薄毛は進行する。そのため、体全体の男性ホルモンを制御することがもっとも重要だという定説が広がっております。

プロペシアの副作用にも懸念はありますが強制的に男性ホルモンを抑えたとしても一般的に得られる主な効果は脱毛本数の減少だと思います。頭部に集中してAGA対策をとられるのであればもう少し効果が期待できると思いますが服用する形の場合には薬効成分が頭部まで到達しピンポイントで作用するわけではありません。この問題は服用するプロペシアやミノキシジルの双方で起こっており、どのような服用薬もピンポイントで希望する箇所のみで作用させることができません。

そのため、体の別の場所に回ってしまった薬など別の形で作用してしまい、それが健康に害を与えるようなものでなければ良いのですがプロペシアとミノキシジルタブレットの場合には精力減退やED、胸水などを誘発する可能性があります。

それに対して得られる大半の効果は抜け毛が減少し産毛などが生え戻るという程度でとどまってしまいます。

そのため、過剰なミノキシジルの使用をせず、産毛などを成長させるのにすぐれている低出力レーザーなどが注目をされており、さらにAGAへの効果も2010年にFDAで承認されてからはプロペシアの代替案としても推奨させるようになりました。

多くの方が髪を生え戻すことが重要であるとお考えなのですが実は頭皮を拡大してみると肉眼では確認できないような産毛などが残っておられる可能性はあります。ですがそのような産毛が肉眼で確認できるほど成長しなくなっているので薄毛のように見えてしまいます。

その方の状態によっても異なりますが新たな髪を生え戻すことも重要ではありますが新しい髪の芽であろうが残っている産毛などがその周辺の髪と同じ長さに成長しなくては改善とはいえません。

残念ながらミノキシジルとプロペシアを服用を続けても産毛が成長する確証はありません。それであれば髪の成長などを得意とする育毛ケアを行っていただいたほうが良いのではないかと思います。

現在の質問者様の状態がわかりませんがミノキシジルタブレットが最善な方法であるかどうかは改めてお考えいただいたほうが良いと
思います。

ちなみに添付している画像は生え際に低出力レーザーを照射しての回復例のひとつです。

使用前の生え際の画像をみても一見すると何も生えていないように見えますがこれは肉眼で見てのことであり、拡大すると多くの場合、産毛が残っている場合があります。それが低出力レーザーの効果で成長作用が回復することで回復した実例です。

以下はアメリカFDAが低出力レーザーのAGAに対して効果を男女それぞれに承認し発表表です。

男性のAGA型脱毛(Androgenetic Alopecia)に対しての承認を認めたFDAの発表 2010年
http://clinicaltrials.gov/ct2/show/NCT00947219?term=hairmax&rank=1

昨年開催された全米皮膚科学会や国際毛髪臨床学会において上記内容が正式に発表されました。低出力レーザーの承認は以下のように、2009年12月から2011年3月までの期間、25歳から60歳を対象に行われました。

ISHRS(国際毛髪学会)は世界中の育毛に携わる専門医が所属している学会のひとつです。その学会の中でも低出力レーザーについてはその育毛効果を学会HPに掲載しております。

http://www.ishrs.org/articles/low-level-laser-therapy.htm

プロペシアによる副作用なども考慮いただいたほうが良いと思います。

今回のミノキシジルの実情やプロペシアの副作用。低出力レーザーの説明。それ以外にも育毛においての様々な情報を紹介を他の方にした回答や過去に書いた回答や知恵ノートでも育毛の情報などをご覧いただけます。
http://my.chiebukuro.yahoo.co.jp/my/myspace_note.php?writer=kaminon…

それかyahooプロフィールをご覧いただければと思います。
http://profiles.yahoo.co.jp/-/my_profile/?sp=mqufOCM6eqvjgm_rnvStX1…

以下は掲載している知恵ノートの中でも特に読んでいただけると参考になると思います。
プロペシアの副作用をFDAが公式発表
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n84922
プロペシアの副作用を誘発する研究においての新たな発表 2013年
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n168818
育毛薬、ミノキシジルタブレットの実情
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n102335
育毛薬 ミノキシジルタブレット(ロニテン/Loniten)の誤解と現状
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n85700
育毛剤、ミノキシジル、プロペシア以外の育毛方法
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n84851>

ミノキシジルって本当にm字に効果がありますか?

ミノキシジルって本当にm字に効果がありますか?21歳でAGAのm字で、使用して一か月になるのですが、ここ最近になって使用する前とは、抜け毛が激しくなっているようで悩んでいます。
続けていいのでしょうか?あとサクセスのような育毛スプレーも一緒に使用して大丈夫でしょうか?

はじめまして。
発毛を促進させるならミノキシジルは欠かせません。
濃度によってはフィナステリド(プロペシアやフィンペシアなど服用する薬)と同じく初期脱毛というような脱毛が起こることもあるようです。
それからミノキシジルは脱毛を抑える効果はほぼないです。
まずはフィナステリドで脱毛の原因を抑えて、それから生えている毛の成長を促進させるためにミノキシジルを併用されるのがベストです。
ちなみにサクセ◎のような爽快系のシャンプーは脱脂効果はありますが、余計に皮脂を増やします。
私はお勧めしません。
ht tp://www.teiou.info/aga001これはポラリス(高濃度ミノキシジル)での成果です。
t と t をくっつけてください。

確かミノキシジルは頭頂部のみで、生え際には効果が無かったと思いますが・・・

それからミノキシジルはいわゆる毛生え薬で脱毛を抑える薬ではないので、
生える速度よりも脱毛する速度が速ければ見た目が改善される事は無いと思います。
あなたの場合は、脱毛を防止する薬を服用した方が良いのでは無いでしょうか。>

プロペシアは抜け毛予防、ミノキシジルとザカーロは発毛でザカーロの方が効果は強…

プロペシアは抜け毛予防、ミノキシジルとザカーロは発毛でザカーロの方が効果は強いのでしょうか?今日皮膚科でAGAの診察を受けたんですが、プロペシアしか出されませんでした?やはりザカーロももらった方がいいでしょうか?

四の五の言わずに素直にハゲてください。

フィナステリドとミノキシジルタブレットで、ホントに回復した人っているんですか…

フィナステリドとミノキシジルタブレットで、ホントに回復した人っているんですかね?気のせいじゃなくて。
いたら教えて下さい!

その名前の出し方は個人輸入の想定ですかね?育毛剤ってどんなものでも(髪の毛のメカニズム的に)早くても数ヶ月くらい立たないと効果が出ないので、それまでに副作用が出たり効果の見極めが出来なくてやめるのが多いと聞いたことがあります。
薬の質が良くないってのもありますね。
ちょっと質問への回答とは違うかもしれないですけど、そのあたりはクリニックに通うことでクリアできます。
実際に横浜中央クリニックで相談しつつ薬を飲んで改善させました。

最初の回答の方に補足失礼します。その通りです、又フィナステリドも服用を続ければ、肝臓へ常に負担をかけます、フィナステリドがメインの服用薬になるのが一般的で髪の毛が濃くなっても途中で服用を辞めたり間隔を開ければ脱毛が始まりリバウンドで薄毛がもっと進行する事も有ります。その他ペニスの縮小、勃起障害、精液の減少、不感症、鬱、などの報告が有ります。お勧めしません。>恐らく軽度~中度の禿げなら8割以上がフサフサになるある意味で魔法の薬で禿げの特効薬と言えます。

しかし、世の中無条件で男性型脱毛症が回復するなんて上手い話がある訳もなく、ミノキシジルタブレットはAGAの内服薬としては日米共に認可されていませんし勧められていません。

何故かと言えば、ミノキシジルは元々は高血圧症の薬として開発され血圧を下げます。
副作用と人体への副作用の有害性が高い為発毛効果は顕著で禿げの改善薬としては夢のような薬なのですが、AGAの改善薬として外用塗布型は認可されていますが内服では認可されていないのです。

心臓や臓器に負担をかけて、浮腫、頭痛、眩暈、頭髪以外の多毛症状が万一起きても覚悟してる!それよりも禿げは嫌だフサフサを選ぶ!って人には良いでしょうけど、基本的にはやめた方が無難です。追記、聞いてもいないのにクリニック名称を出してオススメだとか、訳の分からない育毛剤を紹介してオススメだとか、このサイトがオススメなんて回答は、ほぼステマと思って良いかと思います。特に薄毛カテゴリでは、あからさまなクリニックのステマ(酷いと質問も自作自演)が顕著で嫌悪します。基本的に、AGAのクリニックにオススメも糞もありません。プロペシアを出して(クリニックによってはミノタブも)生活指南して終わりです。AGAが回復する善し悪しはクリニックではなくて薬です。なので薬価設定されていないのでプロペシアを安く売ってくれるクリニックで薬さえ飲めば、どのクリニックでも変わりません。>

ミノキシジルタブレットについて質問です 現在フィンペシア、NR-0809を使用してい…

ミノキシジルタブレットについて質問です 現在フィンペシア、NR-0809を使用しています。
今、ミノキシジルタブレットを検討中ですが、副作用が心配な場合2.5mgからスタートした方がいいですか?この場合服用は1日1回でいいのでしょうか?補足valencia_trioさん 海外の安全で可能性が高い育毛とは低周波治療の事ですか?

ミノキシジルという成分の血行促進は髪の生成を活発化させるためには必要なのは事実です。
ミノキシジルに限らず他の育毛剤の主な目的や配合されている成分は血行促進剤です。
ですが塗布用ミノキシジルが効かなかった理由は必ずしも塗布用だからという原因ではない場合があります。
毛穴などが十分に開いていなければ当然患部である毛乳頭に届かなければ作用しません。
さらに毛穴内部の皮脂やシャンプーなどの残留物が髪の成長を阻害して髪が太くならないまま育ってしまう場合があります。
それを解決する手段としてスカルプDだけで対処するのは無理だと思います。
そこで多くの方が経口薬であれば手間もなく塗布用よりも効果があると考えるのですが相談者様が危惧されるように副作用が起こる可能性も高まります。
本来髪の成長に不可欠な血行促進は体全体で起こることが必要なのではなくあくまでも頭部の中でも髪の成長に影響した頭がい骨を覆う頭皮に供給される血液量を増やすと言う事です。
たとえば蚊に腕を刺された場合、患部にのみ、かゆみ止めを塗布します。
仮にかゆみ止めを飲んだとしてもその薬は胃で吸収され、血管を通って全身に広がります。
ですがそれらのかゆみ止め成分はかゆみを感じる腕の所だけで作用するわけではなく体全体に広がります。
血行が促進することは体に支障がなくかえって良いことなのではないかと安易に考える方もいます。
ですがミノキシジルタブレットのような薬の影響は強くお話になっている体毛の増加であれば直接健康に害を及ぼす危険はありませんが実はあまり知られていないより強い副作用があります。
その軽度の症状とし多くの方が言われるのが瞼の腫れですがこれがミノキシジルタブレットによる影響で同様の作用が心臓などに起こる可能性があるとされ、日本の発毛クリニックで処方を受けている方も説明を受けたことがない方がほとんどですが本来、このような副作用を起こさないようにミノキシジルタブレットと同時服用する併用薬があります。
それに加えての毎日の体重測定が義務付けられていて、一定の基準を超えた場合にはすぐに処方を受けている病院で検査を受けるようにとの説明を海外では受けます。
服用中の管理が難しく、その割に副作用もあるので数年前より海外では使用されなくなっています。
実際ミノキシジルタブレットを個人輸入され、服用され、回復を遂げているケースも様々なブログで拝見しますがその逆にミノキシジルタブレットやミノキシジル注射で回復しなかった例も多く拝見しています。
そのようなリスクを冒してまで挑戦すべき治療方法かと言えば実際には難しいと思いますし仮にミノキシジルタブレットを服用しても産毛は生え出てもそこから成長しないのには理由があります。
現在日本ではプロペシアとミノキシジルタブレットの併用がもっとも効果的であると考えられている医療関係者や一般の方達が多いのですが実際にこのような治療方法はハイリスクローリターンという事から海外では廃れてしまった治療方法です。
現在の状態がどの程度かわかりませんが服用を決める前に海外などで行われているより安全で回復の可能性の高いケア方法を検討されたほうが良いと思います。
他の方に行ったミノキシジルタブレットの返答も役立つと思います。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1155805871またより詳しい海外などでの育毛への取り組みに関心があれば以下をご覧ください。
http://kaminonayami.net/blog/cat65/またプロペシアについて他の方にした回答ですが参考までにご覧ください。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1164466151