フィンペシア、ロゲイン、ザンドロックス12.5を始めて1週間程の者で…

育毛剤の事で相談です。
僕は数年前から頭髪が寂しくなり、昨年くらいから育毛剤を…

育毛剤の事で相談です。
僕は数年前から頭髪が寂しくなり、昨年くらいから育毛剤を使用しています。
シャンプーはスカルプD で、育毛剤として資生堂のスカルプエッセンスとトニックを使い続けているのですがどうも、効果がみられません。
まぁ、現状維持は出来ているそうなんで、納得はしているんですが、コスパを考えると「なんだかなぁ…」と、思ってしまいます。
そこで僕と同じように薄毛で、育毛剤によって効果の得た方で、お勧めの育毛剤があれば教えて下さい。

残念ながら医学的に認可されているのはミノキシジル(塗るタイプ)とフィナステリド(飲み薬)やデュタステリド(飲み薬)だけが育毛効果ありとされています。
スカルプ系には どれも含まれておりません。
個人輸入になりますが頭頂部ならばロゲインのジェネリックでかぶれる成分を減らしたカークランド(ミノキシジル)5%あたりがお薦めです。
1ケ月分で1500~2000円くらいです。
但し副作用が出る場合があるので注意書きをよく読んで使って下さい。
前頭部であればカークランドに飲み薬のフィナステリドを含むジェネリックのフィンペシアがお薦めです。
これも1ケ月で1500円くらい。
男性ホルモンを抑制するので精力減退が少し起きます。
場合により他の副作用も出ますので注意して使って下さい。
デュタスというデュタステリドは2種類の男性ホルモンを抑制するタイプで効果がありますが副作用も大きく女性化なども出やすくなったり男性型更年期障害が出たりもしますのであまりお薦めできません。
ではお大事に頑張って下さい。
3ケ月くらいで変化しはじめ6ケ月くらいが効果の最終レベルです。

育毛剤ではないのですが、
クリニックでHARG療法を受けることをお勧めします。

お金がかかるのは1回だけですので、
これから先何十年も育毛剤等を使い続けるよりも、
トータルで考えると安上がりになるはずです。

また、現状維持できてるとのことですが、
これから先も維持できる保証はどこにもありません。

ですので、育毛剤ではなく治療を本気でオススメします。

私は帯広中央クリニックというところでお世話になりました。
HARG療法に対応しているクリニックは限られていますので、
もしよかったら参考にしてみてください。>だったらスカルプDを止めればいいですよ。

だってたとえ100万円するシャンプーがあったとしても
シャンプーである以上、薄毛や抜け毛には
一切関係ないのですから。

スカルプDの裏に書かれている効能効果をよく読んでください。

一言も「抜け毛予防」と記載がありません。
薬事法でも「シャンプーは薄毛抜け毛には一切関係がない」と
定義されています。

まぁ あの宣伝見れば勘違いしても仕方がありませんが
宣伝は「いかに法律に引っかからないように、消費者を
誤解させるのか」ということに重きを置いていますからね。>

現在AGAで悩んでいる22歳男です。

現在AGAで悩んでいる22歳男です。
とても進行が早くて先週クリニックに行ってみたのですが、レベルが5段階中の4レベルで改善するにはぎりぎりの状態らしいでこのまま何年かほっといたら大変な事になり治せなくなるらしいです。
しかも頭の形がとんがりでこういう形が一番薄毛になりやすいらしいです。
お金もあまりないので詰みました。
スキンヘッドも考えましたが童顔&とんがり&顔小さいので完全に似合わないしほんと詰みました。
これからどう生きていけばいいのでしょうか・・・

生活の改善をして下さい。
主な抜け毛の原因は、男性型脱毛症(AGA)、バランスの悪い食生活、ストレス、不規則な生活、睡眠不足、喫煙、過度の飲酒、不適切なヘアケア、紫外線、冷え性などが挙げられますが、実際には、これらの原因が複合的に絡んでいるケースがほとんど。
《男性型脱毛症(AGA)の対策》遺伝的要素が強く、男性ホルモンのテストステロンに影響され、髪の成長を抑制し、早く抜けてしまいます。
日本皮膚科学会の「男性型脱毛症診療ガイドライン」では、効果があるのは「ミノキシジル」と「フィナステリド」。
おススメはフィナステリドが主成分の「フィンペシア」とミノキシジル含有の「ロゲイン」、「ポラリスシリーズ」、ミノキシジルタブレットなど。
《バランスの悪い食生活》かたよった食事を続けていると抜け毛は増えます。
肉類中心の食事や高カロリーの食事、脂肪の摂り過ぎなどは、育毛に悪影響。
バランスが悪い食事を過剰摂取していると頭皮の皮脂が多くなり、毛根が弱くなり抜け毛の原因となります。
健全な髪の毛のためには、良質のたんぱく質やビタミン、ミネラルが重要。
毎日の食事をバランスよく食べることが大切です。
またマルチビタミン・ミネラルなどのサプリメントを併用するのもひとつの手段。
《ストレス》ストレスは、自律神経を乱し、頭皮の血行を悪くし、髪の毛成長のための栄養が行き届かなくなります。
他にも髪の材料となるタンパク質やミネラルの合成の悪化、活性型男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)の分泌、頭皮の皮脂を過剰分泌、頭皮硬くする、睡眠障害が起こすなど、髪にとってマイナスです。
《不規則な生活・睡眠不足》睡眠中は、タンパク質の合成やホルモンの分泌が促進され、髪の毛が成長します。
睡眠不足や不規則な睡眠は、髪の毛の成長にマイナスとなります。
睡眠にとって大切なのは、時間長さではなく、質。
深く熟睡、質の良い睡眠を取ることが重要です。
7時間前後の睡眠を取るのが望ましく、長時間眠ることがいい訳でもありません。
熟睡のために就寝前にリラックスさせること、ストレスや疲労をため過ぎないことが重要。
《喫煙》喫煙は、「毛細血管を収縮させ、血行が悪くする」、「悪玉コレステロールを酸化コレステロールに変化させ、血管の内腔に付着による血行不良」などを引き起こし抜け毛の原因となります。
《過度の飲酒》適量の飲酒は、程よい血行促進作用を起こし有害とも言ません。
過度の飲酒は、アルコール分解のために肝臓にアミノ酸を奪われ、髪の毛の形成のための補給が不足し、薄毛・抜け毛の原因になります。
《不適切なヘアケア》頭皮が不潔な状態、日に何度もシャンプーする、過剰なパーマやヘアダイ、カラーリング、間違ったドライヤーの使い方など不適切なヘアケアも抜け毛の原因に。
《紫外線》紫外線は、「髪の毛のキューティクルにダメージを与える」、「頭皮は日焼けで炎症を起こし、毛根が痛む」、「頭皮の皮脂を酸化させ、毛穴を詰まらせる」などを引き起こし発毛力を弱めます。
《冷え性》冷え性は、全身の血流が悪くし、頭皮も血行不良を起こし、毛母細胞に十分な栄養が届かないため、抜け毛や薄毛に繋がりやすくします。
などを注意してみて下さい。

肉体改造してマッチョになったらいい
坊主が似合うし笑う奴もいません>